やせる食品を、上手に利用してカロリーコントロール、産後ダイエット【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

さて、産後ダイエット中のカロリーコントロールに欠かせない栄養素を、豊富に含む食品を上手に利用した食事作りについて、もう少し考えてみましょう。

【おひたしは、数種類の野菜を取り混ぜて】

ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜を使ったおひたしは、それだけでも産後ダイエット中のカロリーコントロールには理想的な一品ですが、青菜を単品で使うほか、千切りにしたにんじんやもやしなどを加えてみましょう。彩りもよく、よりたくさんの野菜を食べられます。食物繊維もたっぷり摂れるので、産後ダイエット中のカロリーコントロールにはさらに効果的です。

【買い置きの習慣を見直す】

産後ダイエット中のカロリーコントロールにとって妨げになる、高糖質・高脂質の食品(甘いお菓子、スナック菓子、インスタント食品やアイスクリーム、ジュース類など)を買い置きしないこと。これは基本ですが、「安いから」「時間がないから」と食品を一度に買いだめすることは、結局食べられずに破棄するものが増えたり、料理の作りすぎ・食べすぎの原因になり、理想的な産後ダイエット、カロリーコントロールであるとはいえません。「店が自宅から遠い」「日中仕事しているので普段は買い物に行けない」など、ご家庭ごとの事情もあるでしょうが、無駄買いをせず、計画的に食品を消費していく習慣をつけることも、産後ダイエット中のカロリーコントロールには必要なことではないでしょうか。

上手にカロリーコントロールをし、産後ダイエットを成功させるため、大切なのはどんな食べ物をどのような考えで選び、どのようにして食べるかということ。
ママの身体、赤ちゃんの身体、どちらも普段の食事から作られます。
賢くカロリーコントロールをし、産後ダイエットで身体も心もすっきりさせつつ、
赤ちゃんとともに、健やかな毎日を送るために。
日ごろの食事を見直し、カロリーコントロールをうまく実行することで、産後ダイエットの「勝ち組」を目指してくださいね。

やせる食品を、上手に利用してカロリーコントロール、産後ダイエット(1)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後ダイエット中、カロリーコントロールに努めたいとはいえ、ただでさえ忙しい赤ちゃんのお世話の合間に、栄養バランスが取れた食事づくり……と考えると、実際には大変そうで尻込みしてしまいますね。
そこで、できるだけ少ない手間でできる、産後ダイエット中のカロリーコントロールに効果的な食事作りについて考えてみましょう。

【具沢山の味噌汁】
産後ダイエット中のカロリーコントロールによい食品を、効率的に摂る方法として、具沢山のみそ汁はどうでしょう。大根、にんじん、じゃがいも、白菜、なす、かぶ、かぼちゃ、小松菜……など、家にある野菜なら大抵活用できます。だしは煮干し、昆布など、天然のものを使えば、健康的で風味豊かに仕上がります。ちぎったこんにゃくや豆腐もぜひ加えて。油揚げを加えてもこくが出ておいしく出来ますね。具沢山の汁物は、「しっかり食べた」という満足感も味わえるため、産後ダイエットのためにカロリーコントロールを、と考えるママにはぴったりです。

【離乳食にも使えるおでん】
おでんも、たくさんの野菜やタンパク質を一度に摂れ、低カロリーに仕上げられので、産後ダイエットカロリーコントロールにはおすすめです(ただし、魚肉を使った加工食品は、意外に高カロリーなので注意)。海藻やこんにゃくも入るので、食物繊維も豊富に食べられますね。
おでんなどの野菜の煮物は、そのまま赤ちゃんの離乳食にも利用できます。
大人用に味をつける前、だしでやわらかく煮ただけの大根やにんじんなどを、赤ちゃん用にとりわけてすりつぶしたり、粗く刻んだりすれば、それだけで安全・安心な手作り離乳食になります。

産後ダイエット中のカロリーコントロールのためには、特別なレシピは必要ありません。
普段の食事の中から、身体にいいもの、きちんと栄養の摂れるものを選び、ほんの少しだけ手間をかけて調理する……それだけで、カロリーコントロールに配慮した産後ダイエット中の食事としては充分なのではないでしょうか。

産後ダイエット、カロリーコントロール……これは避けたい(2)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後ダイエット中のカロリーコントロールをする上で、気をつけて摂りたい食品のひとつとして、果物があげられます。
ビタミンやミネラルを豊富に含む果物類は、一見身体に良さそうに思えますが、果物に含まれる果糖は、意外に高カロリーなのです。
産後ダイエット中のカロリーコントロールを実行したいなら、果物の食べすぎには気をつけなければなりません。
どうしても食べたいなら、夕食以降の摂取は避け、朝食や昼食に取り入れるか、午後3時までの間におやつとして少しだけ食べるようにしましょう。

また、揚げ物も、産後ダイエット中のカロリーコントロールを考える際には、食べ方を工夫したい食品の一つです。
もちろん、極力摂らないことが、産後ダイエット中のカロリーコントロールの面では望ましいのですが、ときどきどうしても食べたくなる……という場合には、衣をつけたフライや天ぷらよりも、素材そのままの素揚げなどにして量は控えめにし、夕食で摂るよりは日中に摂るようにします。
もう一つ、食品添加物を大量に使った加工食品も、産後ダイエット中のカロリーコントロールに取り組むときには注意して使いたいものです。
加工食品は一般に高脂質、高糖質、高塩分です。
産後ダイエット中のカロリーコントロールを、と考えるなら、佃煮や漬物は、できれば自家製のものを少しだけ……というふうにしたいものです。

とはいえ、忙しい子育ての中、疲れやストレスがたまりやすいのも、産後ダイエット中ならではの悩みです。
カロリーコントロールを極度に気にするよりは、バランスよく食品数の多い食事に心がけ、ほんの少しの甘いお菓子はたまのお楽しみ……というのも、ときにはありかもしれないですね。

産後ダイエット、カロリーコントロール……これは避けたい(1)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後ダイエット中のカロリーコントロールを成功させる上で、できれば避けたい食品、食べずに済ませたい食品について考えてみましょう。

産後ダイエットカロリーコントロールの基本は、一日三食をきちんと守ること。
間食はできるだけ避けたいものです。
特に、甘いお菓子やスナック菓子、インスタント食品、ファストフードは高糖質、高脂質で、産後ダイエット中のカロリーコントロールを心がけるママにおすすめできない食品であるばかりか、母乳の質を悪くすると指摘する意見もあります。
授乳後、お腹がすいたときに、手軽なスナック食品や菓子パン、インスタント食品などについつい手を伸ばしてしまいがちですが、それでは、産後ダイエットカロリーコントロールはうまくいきません。食事時間の工夫やおやつの内容を改善することなどで、こうした加工食品の過剰な摂取は控えましょう。
とくに、脂質と糖質を同時に、多量に含む食品の摂取は、産後ダイエット中のカロリーコントロールをする上では避けるべきです。そういった食品の摂取は極力控えるように努めましょう。
糖分を多量に含むジュース類、スポーツドリンクやコーヒー飲料なども、産後ダイエット中のカロリーコントロールには好ましくありません。できるだけ摂取を控えましょう。

産後ダイエット、カロリーコントロールにおすすめの食品は?(2)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後、便秘や痔に悩むママは意外と多いもの。
ホルモンバランスの崩れや、出産時のトラブルなどが主な原因と言われていますが、お腹の調子を整え、便通を良くする食品を上手に摂ることで、快食快便を目指しましょう。産後ダイエット中のカロリーコントロールにとって、体内の毒素をため込んでしまう便秘は大敵ですからね。

こんにゃく、ごぼう、こんぶ、寒天などが、食物繊維をたっぷり含む食品の代表です。これらの食品を、忘れずに毎日摂りたいものです。
繊維質の多い食事は、しっかりとよく噛んで食べることで満足感を得ることができるので、産後ダイエット中のカロリーコントロールを頼もしくサポートしてくれます。
寒天は、甘さを抑えて作れば間食にしてもOK。産後ダイエット中のカロリーコントロールに励むママにとっては、強い味方です。また、寒天の粉をお茶などの飲み物に溶かして飲んだり、ご飯に炊き込むのも、産後ダイエット中のカロリーコントロールには効果的だとのことです。

多くのダイエットがそうであるように、産後ダイエット中のカロリーコントロールを実行する上でも、水分の上手な摂り方は大切です。
特に、赤ちゃんを母乳で育てているお母さんは、水分をたっぷり摂りたいもの。
ただし、その際に甘いジュースやスポーツドリンクなどを飲みすぎてしまうと、糖分の過剰摂取となり、せっかくの産後ダイエット、カロリーコントロールが台無しです。
水分補給は、お茶やミネラルウォーターで。なるべく甘くない飲料を選んでください。

産後にありがちな便通のトラブルを防ぎ、健康的な産後ダイエットと上手なカロリーコントロールを目指すため、食物繊維をたっぷり含む食品を日々食卓に取り入れ、また水分もしっかり摂りましょう。

産後ダイエット、カロリーコントロールにおすすめの食品は?(1)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

上手にカロリーコントロールをし、産後ダイエットを成功させるためには、高タンパク・低カロリーの食品を努めて選ぶこと。
そのためには、洋食よりも和食、間食よりも三度の食事を大切にしましょう。

産後ダイエット中のカロリーコントロールのためには、基礎代謝を高めることが重要。
これは、特に運動をしていない、日常の生命維持活動の中で消費されるエネルギー量を増やし、エネルギーを燃焼させる働きのことです。
エネルギーは主に炭水化物、ついで脂肪がその源となりますが、
これらがうまく働くためには、筋肉が体内にきちんとついていて、
それが身体の組織を働かせることが重要になります。
筋肉をきちんとつけるためには、良質のタンパク質の摂取が欠かせません。
タンパク質は、動物性食品・植物性食品のいずれからもしっかり摂りましょう。
また、燃焼しづらい脂肪が含まれている肉よりも、燃焼しやすく、蓄積しにくい脂肪を含む魚類をタンパク源の基本に考えると、産後ダイエット中のカロリーコントロールには有効です。
カルシウムを豊富に含む乳製品も、産後ダイエット中のカロリーコントロールのためには欠かせません。乳脂肪分に気をつけながら、三度の食事に上手に取り入れましょう。

母体を細菌や病原体から守り、病気への抵抗力を高め、また赤ちゃんの健康を守るため、ビタミンやカロチン、ミネラル類を含む食品をたっぷり摂ることも、賢くカロリーコントロールをし、産後ダイエットに取組みたいママには大切なことです。
野菜は淡い色のもの、緑黄色野菜のいずれも、三食でしっかり摂りましょう。
生野菜よりは茹でたり煮たりして、火を通した温野菜がおすすめです。
量がたくさん摂れるので、生で食べるよりも満足感があるため、産後ダイエット中のカロリーコントロールのためには積極的に摂りたいものです。。
同じく、きのこ類や海藻類も、ミネラル分を豊富に含んでいます。
たくさん食べることで満足感が得られる上、カロリーも低いので、毎日の食事に積極的に取り入れてください。

産後ダイエットを成功させるカロリーコントロールの方法(2)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

ダイエットにとって、食事を不規則な時間にだらだらと摂ることは禁物とされていますが、これは産後ダイエット中のカロリーコントロールにも当てはまります。
ママにとって、授乳は意外にエネルギーを消費するため、授乳後はお腹がすくものですが、このとき小腹ふさぎのつもりで、高糖質・高脂肪の食品に手を伸ばしてはいないでしょうか。これでは、産後ダイエット中のカロリーコントロールは万全とはいえません。
食事は時間を決め、一日三食以外にはできるだけ食べない、どうしても我慢できなければおやつの時間もきちんと決める、という決意と工夫が、産後ダイエットのためのカロリーコントロールには必要です。

どうしてもおやつが欲しい!という場合は、高タンパク・低カロリー食品をほんの少しだけ、時間を決めて食べるようにしましょう。
普段の食事ではなかなか摂りづらい、カルシウムを多く含む食品、鉄分やミネラルを含む食品をおやつにいただくのも、産後ダイエット中のカロリーコントロールのためにはよい方法です。
小魚類(いりこやししゃもなど)、チーズをひとかけら、プルーンなどのドライフルーツや糖分の少ない果物を一口、というふうに。
気をつけたいのは、間食をする時間です。できれば、活発に身体を動かす午前中から午後3時くらいまでの間がよいでしょう。
もちろん、産後ダイエット中のカロリーコントロールを成功させるためには、間食を摂らずに済むならそれに越したことはないのです。

産後ダイエットを成功させるためのカロリーコントロールでもう一つ重要なのは、できるだけ薄味を心がけるということ。
濃い味付けの料理を食べると、どうしてもご飯が欲しくなりますよね。
産後ダイエット中のカロリーコントロールに気をつけるなら、炭水化物の摂りすぎには注意したいものです。
塩分の高い食品は、むくみなどの原因になるほか、母乳の味にも影響するそう。
また、高塩分・高脂質になりがちな洋風の食事より、和食を選ぶことも、産後ダイエット中のカロリーコントロールを成功させる秘訣です。
生後5ヶ月以降には、赤ちゃんの離乳食が始まります。小さいうちから、できるだけ自然の味で育てたいもの。
赤ちゃんのためにも、天然の和風だしを多めに作っておいて冷凍保存しておく(製氷皿にだしを入れ冷凍すると、使いたい分だけだしが取り出せ便利です)など工夫をして、産後ダイエット中のカロリーコントロールを実行しましょう。

産後ダイエットを成功させるカロリーコントロールの方法(1)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後ダイエットを成功に導くカロリーコントロールの実際‐‐「何を、いつ、どのように食べるか」を考えてみましょう。

産後ダイエット中は、過度のカロリーコントロールは禁物です。
上手にカロリーコントロールをしたいなら、産後ダイエット中は、一日三食をきちんと摂りましょう。
できれば、朝・昼食はしっかりと、夕食はあっさり摂るようにするのが、バランスのよい理想的な産後ダイエット中のカロリーコントロール法といえます。
できるだけ多く摂取するべき食品は、植物性タンパク質を多く含む大豆食品や野菜類・きのこ類、海藻類などです。動物性タンパクを含む食品は、肉より魚類を多めに摂るように心がけることで、理想的な産後ダイエット中のカロリーコントロールが実行できます。
炭水化物を多く含む食品は、朝・昼に摂るようにし、夜は控えめにするとよいでしょう。また、油脂を多く含む食品や揚げ物類は、産後ダイエット中のカロリーコントロールを阻害しやすいので極力控えますが、どうしても食べたいというときには夕食よりも朝・昼食で摂るようにします。
小魚や乳製品など、カルシウムを多く含む食品、プルーンやレバーなど、鉄分を多く含む食品は、ママの健康はもちろん、母乳にとっても大切な栄養分となる食品です。とくにカルシウムは、母乳育児をしているママなら、1日1100mgの摂取が理想とされています。カロリーコントロールに気をつけながら、産後ダイエット中は日々の食生活に上手に取り入れましょう。

産後ダイエット中はカロリーコントロールに努めたいものです。しかし、赤ちゃんの授乳や夜泣きなどで、ママの生活リズムも乱れがちです。
疲れやストレスから、ついつい甘いお菓子やさっと食べられるスナック菓子などに手を伸ばしがちになりますが、それではせっかくの産後ダイエット、カロリーコントロールが台無しです。
産後ダイエット中のカロリーコントロールを成功させるには、不規則な食習慣を改め、なるべく多種類の食品をバランスよく食べる食事習慣を身につけていくことです。

産後ダイエット必勝法!上手にカロリーコントロールを(2)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

産後ダイエット中のカロリーコントロールに取り組む上で気をつけなければならないこと……特に、赤ちゃんを母乳で育てているママにとって注意すべきなのは、無理やりカロリー制限をするようなカロリーコントロールは、産後ダイエットの場合厳に慎むべきだということです。

授乳は、実は産後の母体にとって相当な大仕事なのです。
授乳によって一日に消費されるエネルギーは、600〜800kcalと言われています。
これは、プールで平泳ぎを1時間続けるのに匹敵するほどの消費カロリーです。
つまり、産後ダイエットにおいて、過度のカロリーコントロールは、ママにとってもよくないばかりか、赤ちゃんの発育にも悪影響を及ぼすのです。

産後ダイエットのために理想的なカロリーコントロールを実現するには、低カロリーで高タンパクの食事に心がけることです。必要以上にカロリー摂取を制限してはいけません。
母乳の栄養バランスを良くし、母体の心身バランスを上手に保つためには、カルシウムや鉄分を含んだ食品をきちんと摂ることも必要です。
ダイエットといえばまず食事の制限!となりがちですが、産後ダイエットのためのカロリーコントロールの仕方を、まずはマスターしましょう。

産後ダイエット中のカロリーコントロールは、ママの身体はもちろん、赤ちゃんの健康にも気を配りながら行われなければいけません。
健康的で身体に良いカロリーコントロールで、産後ダイエットをきっちりと乗り切りましょう。

産後ダイエット必勝法!上手にカロリーコントロールを(1)【*産後ダイエットとカロリーコントロール*上手なカロリーコントロールで産後ダイエットの「勝ち組」に!!】

ママになっても、すっきりしたボディラインを保ったまま、ずっとキレイでいたいから‐‐‐。
最近、産後ダイエット産後ダイエットのためのカロリーコントロールに、ママたちの関心が集まっていますね。
出産直後はさておき、「産後の肥立ち」などといって高カロリー食品を摂り続けていれば、あっという間に産後太り。挙句の果ては今問題になっているメタボリックシンドロームなどということになれば、ママの健康にも深刻なダメージを及ぼしかねません。
そこで、産後6ヶ月までに、出産前のすっきりボディを取り戻そうと、
産後ダイエットカロリーコントロールに取り組むママが増えています。

産後ダイエットを乗り切るには、カロリーコントロールを上手にできるかどうかが分かれ道。

産後ダイエットの基本はカロリーコントロール
とはいえ、産後ダイエットにとって、極端なカロリーコントロールは禁物です。
産後の身体はデリケートな上、何より赤ちゃんを育てるために、
ママの身体はさまざまに変化しているからです。
おおらかにリラックスした気持ちで、産婦人科医などのアドバイスも受けながら、、焦らずじっくり産後ダイエット、カロリーコントロールに取り組みたいものです。

産後ダイエット中のカロリーコントロールを考える上で大切なことは、
出産後、体力が戻り心身が安定してきたら、高カロリー食品は控えめに、低カロリー・高タンパク食品を普段の食事の中でできるだけ多く摂るように心がけることです。
また、不規則な食生活を改め、一日三食きちんと食べることや、規則正しい生活リズムを整えていくことも、産後ダイエット中のカロリーコントロールを成功に導くためには重要なことです。
産後は、深夜の授乳や赤ちゃんの夜泣きなど、ママの生活リズムも乱れがちです。
上手にカロリーコントロールする習慣を身につけ、産後ダイエットで憧れのすっきりボディを目指しましょう。

赤ちゃんのために心身をフル稼働させている時期だからこそ、
産後ダイエットは、他の時期のダイエットより取り組みやすいともいえます。
出産前のスリムなボディを取り戻すため、バランスの取れたカロリーコントロールを心がけ、産後ダイエットを始めましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。